2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.08 (Sun)

私たちに必要な時間

福岡から帰ってきて、何日か経った。


相変わらずエーイチの心は、深く暗い闇の中だった。。。


私に対する怒りと不信感でいっぱいだった。


一緒にいるときには感じないこれらの感情も、いったん離れてしまうと


またすぐに元に戻ってしまう。。。


こんなことの繰り返しの日々・・・


エーイチと同じで、私自身の心も体も、もう疲れ果てていたのだった。。。



【More・・・】


 何百回説明されたって
 たどり着けない…
 共感出来ない価値観で、
 知らなかった君の持論。

 俺だけじゃダメだった、
 なのに、うそでかためて
 大丈夫なふり。
 最大値の俺でも足りなかったくせに、なぜ偽りの笑顔で?
 絶対辿り付けないゴールに全力で走らせたりしたの?
 観客になって隣に居合わせる誰かと高見の見物。

 ミジメな自分見たく無かった。

 彷徨う闇の中で見てしまった真実。揺るがない事実。

 そして、それに輪をかけて信じ難い、まるで悪夢のように
 君が重ねるウソ。
 「もう、過去の汚れた私は居なくなったよ。ウソツキの私は消えた。今の私を見て。」
 と言いながら、
 ウソの上塗りを続ける君。
 もう俺には君のホントの部分さえ、グレーの網掛けに見える。




これはエーイチが後で見せてくれた、彼が書いた詩の一部。。。


彼の心の中には、もう私は「ウソツキのくるみ」でしかなくなっていた。


どんなに説明しても、どんなに言い訳しても、彼の心には響かない、届かない。


どんなに大きな声で泣いても叫んでも、エーイチにはわかってもらえなかった。


というより、わかるはずはなかった。


 「しばらく、俺たち離れよう・・・」


エーイチからこんな言葉がきたのは、私もちょうどそう思い始めていた時期だった。


しばらくの間、メールも電話もお互いにしない、かけない。


1ヶ月、いや2ヶ月、もしかしたら1年・・・エーイチが戻りたいと思ったときに戻る・・・と。


私はそれを受け入れた。


こんなことはつきあい始めてから初めてだった。


でもその時はそれしか方法が浮かばなかった。


たとえ、何年かかっても、エーイチ自身が私と元に戻りたいと思わない限り


それは不可能だったから・・・。


とんでもなく不安だった・・・けれどそれでいてなぜかホッとした自分がいた。


平穏な日常・・・安らげる時間・・・しばらく私の周りにはなかったものが


帰ってきたからだった。。。



テーマ : 婚外恋愛 ジャンル : 恋愛

22:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■くるみさん

ミスチルの曲を聞くたびに、
くるみさん、あれからどうされてるかな・・って思っていました。

又丁寧に綴られた記事を読んで、安心しました。
焦らず、くるみさんのペースで更新して下さい。
自分の記憶の記録のために。

彼さんも本とに詩人ですね。

雅子 |  2012.07.14(土) 00:42 |  URL |  【コメント編集】

■雅子さん♪

こんにちは、雅子さん♪
コメントありがとうございます(^_^;)
相変わらず更新が遅くてすみません。

先週末めっちゃ暑い中、つま恋のap bank fes ’12行ってきました!
おかげでこの一週間、死んだようになってました(笑)
また元気になったら書きますので、遊びに来て下さいね♪
くるみ |  2012.07.20(金) 12:58 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karubimama.blog115.fc2.com/tb.php/310-8fc2961a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。