FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.19 (Sat)

バタバタバレンタイン♪~その2~

いや~(^^;


その1からその2までに、かなり間が空いてしまいました。


すみません(>_<)


早く書かなきゃ(汗)


ということで続き行きます!

【More・・・】



池○駅に着いてエーイチの指定してくれた改札口へと向かう。


週末日曜日の夜だというのに、さすがに繁華街のある駅だけあって、


行き交う人の多さもハンパ無かった。


改札を出ようとしたとき、こちらにすっと近づいてくるエーイチの姿を発見。


人波に押されて改札を出ると、間髪入れずにエーイチが駆け寄ってきてくれた。


そして私を抱き寄せるなり、


 『くるみ~、ムリさせてごめんね(>_<)大丈夫?

  あ、くるみお腹減ってない?なんか食べたり飲んだりしたくない?』




 (え?今年初めて逢うのにこのセリフ?(-"- )まるで私が食いしん坊みたいじゃん! )←違うのか?


 『大丈夫だよ、お腹も減ってないし喉も渇いていない。

  さすがにちょっと湯冷めしちゃったみたいだけど・・( ̄^ ̄*)ツーン』



久しぶりに会うのに、明るい駅の構内でエーイチにスッピン顔を見られるのが妙に恥ずかしくて、


素直に喜びを表現できない私。


 『そ、そっか(汗) 可哀想に・・・(T^T) よし!』


そう言うとエーイチは自分の首に捲いてるマフラーを取ると、


輪っかのまま私の頭からすっぽりと被らせた。


 『これで大丈夫だ!あとは?何か欲しい物ない?カプチーノでも飲む?

  これ持って上げるから!ほら飲んで^^』



そう言って私のカバンと引き換えに、持っていたスタ○の袋から取り出したカップを私に持たせる。


 『どっか寄りたい所ある?コンビニとかマツキ○とか?』


 『あ、コンビニによって、ムース買いたい。』


慌てて支度をしてきたため、明日の朝の支度も適当で、


朝髪に付けるムースを持ってくるのを忘れたことに気がついた。


 『あ(  ゚ ▽ ゚ ;)!! そう思って、そこにコンビニ用意しといたよ!くるみが来るからまだ開けとけってね!』


エーイチが用意しておいてくれた?コンビニに入ると、私の欲しかった物がおいていなかった。


 『ないからいいや、あきらめるよ


そう言うとエーイチは、


 『ううん、大丈夫!オレが後で買ってくるから!近くにマツ○ヨもあるから、大丈夫!』


 『いいよ、無くても別に何とかなるから・・・』


 『いや、俺にまかせろ!せっかくくるみが来てくれたんだから、何でもするよ!』
 


ホテルについて部屋に入るとエーイチには珍しく狭い部屋だった。


 『ごめんね、急だったからこんな部屋しか取れなくて(汗) でもベッドは広いでしょ?』


ようやく私もホッとして、エーイチの顔をまともに見ることができた。


 『エーイチに逢えるならどこでもいい。。。嬉しい。。。(*ノ_<*)』


 『くるみ~~~!!!』


エーイチはそう言ってコートも脱がないまま私をぎゅ~~~っっと抱きしめてキスをした。


ふと時計を見るともう12時になろうとしている。


 『くるみ!じゃ先にお風呂に入っててね。あ、今日二度目になっちゃうかもだけど(^^;
  
  でももう一度温まって^^オレはちょっとマツ○ヨ行ってくるからね、すぐ戻るから!』



そう言うとエーイチは私を置いてまた外に行ってしまった。


なんだか慌ただしい再会に、ちょっとあっけに取られながらも、エーイチを待つ間に


熱いシャワーを浴びた。


シャワーで温まり直してホッとしてバスルームを出たとき、ちょうどエーイチが戻ってきた。


まだ出たばかりでバスローブも何も身につけていなかった私は


ドアを開けたエーイチの目の前にいきなり全裸で現れたのだ。


 『くるみ~帰って来るなり嬉しいサービスありがとう♪』


 『今もし廊下に誰かいたら、丸見えだったよね~( ̄◇ ̄;) 』


 『うんうん、できればみんなに見せてやりたいくらいだ、オレのくるみを(*^m^*) ムフッ』


エーイチが抱えてきたスーパーの袋には、私が頼んだ物だけでなく、


スイーツ、缶チューハイ、缶コーヒー、お水、それに保湿シートパック、ストッキング?・・・etc


いろんな物が入っていた。


 『飲み物やお菓子はまだ分かるけど・・こういうものよく買えるねぇ、エーイチ。』


 『ん?別に全然恥ずかしくないよ、だってくるみのためだから(*^_^*)

  ホテルは乾燥してるからパックも使うかな~?タイツも伝染してたら換えがいるだろうなぁ~って。』



 『そっか。どうもありがとう(*^_^*)エーイチ。。。』



まったく・・・この人のこういう所に私は弱いのだ。


そしてエーイチもシャワーを浴びて、やっとホッとする。


でも翌朝はお互いに仕事だから、一緒にいられる時間もあとわずか。。。


テレビの中で、『バレンタイン、皆さんはチョコ貰いましたか?』とキャスターが言っている。


それを聞いてハッ!とした。



 『エーイチ・・・( iдi )バレンタインのチョコ、さっき宅急便で出しちゃったよぉ・・・。

  逢えるなんて思ってもいなかったから・・・o(ToT)o 』



 『え?!そんな・・・いいのに、くるみ。ごめんね、でもありがとう(*^_^*)

  家に着いたらちゃんと「くるみの気持ち」ごと食べるから♪ありがとね^^』



 『う~!送料1000円損した・・・( iдi ) 』←そこかよっっ!



エーイチが眠そうにベッドに入ったので、私も隣に滑り込んだ。


すかさずエーイチがぎゅっと抱きしめてくれる。



 『くるみ、本当にありがとう、来てくれて嬉しかった。ダメかと思ってた。。。』


 『ほんと?エーイチ実は私が必ず来るって思ってたんじゃないの?

  「くるみのヤツはオレ様が呼べば必ず来る!( ̄ー ̄)ニヤリ」な~んて。』



ちょっとイジワルに聞いてみた。


 『そんなことないよ!そんなこと一度だって思ったこと無いよ・・・

    でも、少しでも、ほんのわずかな時間でもくるみの顔が見たいと思ったから・・・ごめん。』



 『ううん、どんなにムリだって、少しでもエーイチに逢えるのなら、私はムリするよ(*^_^*)』


 『くるみぃ(T^T)・・・この肌触り。。。やっぱり気持ちいい。。。』



そう言っていつもエーイチは優しく私の背中から腰にかけて撫でてくれる。


エーイチがこうやって撫でてくれるのが、私は大好きだ。


エーイチの手の温もりが直に伝わってきて、全身が溶けてしまうような感覚に襲われる。


そしてそのままお互いの唇を愛おしむようにして優しいキスをする。


それから胸が押しつぶされるほどに、強く抱きしめられながらのキスに


エーイチの思いが痛いほど伝わってきた。


久しぶりに肌を重ね合わせて、つくづく感じたのが、エーイチとの相性の良さ。


まるで肌と肌とが吸い付くような感触、抱きしめられたときの微かに香る体臭や息づかい


私を優しく見つめる目や、最後のとき耳元で「くるみ・・・」と切なそうに発せられる声・・・


それらは私の五感のすべてを征服し、すべてにおいて「気持ちいい」と喜ばせてくれるのだ。。。


そしてそのまま、彼の腕の中で眠る・・・。


ずっとずっと、去年のクリスマス、最後に逢った日から待ち望んでいたことだった。


けれどそれもあと数時間後にはまた別れなくてはならない。


少しでも眠らなければ・・・明日はお互いに仕事がある。


眠いのに、久しぶりの事で胸がドキドキしてなかなか私は眠れなかった。


それでも大好きなエーイチの寝顔を見ているうちに、いつの間にか眠ってしまったようだった。



目が覚めるとエーイチが背中から抱き寄せてくれていた。


それはすごく幸せな瞬間だった。夢ならこのまま醒めて欲しくなかった。


けれど非情にも、携帯のアラーム音が部屋に鳴り響く。


私がアラームを止めると、エーイチはそれに構わずもう一度私を抱き寄せ、


まだ離したくないという素振りを見せた。


そして後ろから、固くなったモノを押しつけてくる。。。


時間がないのに・・・と思いながらも、私は拒むことができずソレを受け容れてしまう。


不思議のもので、そういう時間のないときに限って、すごく感じやすかったりする。


そのまますぐに私が先にイッてしまった。。。


そして私はまだまだ収拾つかないエーイチのモノを、手と口を使ってイかせてあげた。


ハッとして時計を見るとすでに7時半になろうとしている。


 『エーイチっ!私50分発の電車に乗らなきゃだよ~~~!』


そのあとは、ふたりとも大慌てで支度して、ホテルを出る。


エーイチはまだまだ時間があったので、私の乗る電車の改札まで見送りに来てくれた。


こういうときに限って、Suicaのチャージが無かったりする(>_<)


そんなだから当然ゆっくりバイバイをする暇もなく、あっという間にお別れ( iдi )


私は改札の外で優しく手を振るエーイチの笑顔を振り切るようにしてホームへと急いだ。








と、まぁ最後まで本当にこんな感じの「バタバタのバレンタイン♪」でした(^^;


長々と読んでくださった皆さんありがとうございます。


後から聞いたところによると、実はあの日、エーイチは東京に下宿してる長男くんに


「父さん泊まってけよ。」と言われていたらしいです(^^;


けれどそれを何とか振り切って、私と逢う時間を作ってくれたのだと。


それを聞いたとき、あんなに気を遣わせて、ちょっとイジワルし過ぎちゃったかしら・・・


と私も少し反省(笑)




でも!来週は私がエーイチの元に飛ぶ番!


その時にい~っぱい優しくしてあげよ(*^m^*)


あと一週間後に逢えるなんて、なんか夢みたいだけど、


どうか何事も起きずにエーイチと無事に逢うことができますように・・・・


そして無事に一緒にライブに行けますように・・・


神様!来週はずっと品行方正?にしてますから・・・お願いしますっっm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m






テーマ : 婚外恋愛 ジャンル : 恋愛

23:02  |  嬉しいこと  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■なんとなく…

1、2を続けざまに拝読いたしました。

なんとなく、くるみちゃんに似てる…(誰が?)

そうそう、逢えるとなると女であることを忘れて、半分すっぴんで飛び出してくるみたいですね~

ともあれ、数時間かもしれないけど、2人の間の思い出の1ページにはなるんだから、どたばたバレンタインでもe-461

通りすがりのあの「M」 |  2011.02.23(水) 12:38 |  URL |  【コメント編集】

笑いながら読みましたww

ん~~そうだよネ、会えないと思ってたものがさ、少しだけだって会えると思えば、私だって超、超無理するよーー。

今週末イベントの前哨戦って感じで。
潤ってよかったね♪ww

週末、気をつけていってらっしゃい。
またネタをたくさん仕入れて来て。
ますな |  2011.02.23(水) 22:53 |  URL |  【コメント編集】

■すご~い(^-^)

お二人の「会いたい気持ち」がめっちゃ伝わってきました♪
たとえ少しの時間でも・・・って(。・・。)

思っていることを言葉にすることって大切だと思うんです。
恥ずかしくてなかなか出来ない時もあるけど(笑)
でも、お二人は自然に出来てるので
いつも「いいなぁ~」って思ってますぅ(*^-^*)

今週 無事にライブ&デート出来ますように♪
祈ってますね(^^)

凛 |  2011.02.23(水) 23:04 |  URL |  【コメント編集】

■通りすがりのあの「M」へ♪

はろ~♪Mちん。

>1、2を続けざまに拝読いたしました。

それはそれは、どもですm(_ _)m

>なんとなく、くるみちゃんに似てる…(誰が?)

うんうん・・・ってホンマに誰がっっ???

>そうそう、逢えるとなると女であることを忘れて、半分すっぴんで飛び出して
くるみたいですね~

いや、私しゃ半分でなく、完璧に『すっぴん』だったよ(笑)

>ともあれ、数時間かもしれないけど、2人の間の思い出の1ページにはなるんだから、どたばたバレンタインでも

うん^^そうなの、数時間でも数分でも、そばにいられれば幸せなの(# v。v)o なんちって~~~(笑)

きょうもありがとうね、M!
くるみ |  2011.02.24(木) 12:47 |  URL |  【コメント編集】

■ますなさん♪

こんにちは、ますなさん♪

>ん~~そうだよネ、会えないと思ってたものがさ、少しだけだって会えると思えば、私だって超、超無理するよーー。

そうだよね~(* ̄m ̄) 惚れた者の弱み、オンナゴコロってやつよね~(≧∇≦)/

>今週末イベントの前哨戦って感じで。
>潤ってよかったね♪ww

うん、乾燥してるから潤いはイマイチ足りてなかったかもだけど、
週末があるから大丈夫なのさ~~!

>週末、気をつけていってらっしゃい。
>またネタをたくさん仕入れて来て。

ありがとう(*^_^*)
ネタ帳いっぱいに仕入れてきますね~♪
くるみ |  2011.02.24(木) 12:50 |  URL |  【コメント編集】

■凜さん♪

こんにちは、凜さん♪
お身体の具合はどうですか?だいぶ良くなったかな?

>思っていることを言葉にすることって大切だと思うんです。
>恥ずかしくてなかなか出来ない時もあるけど(笑)
>でも、お二人は自然に出来てるので
>いつも「いいなぁ~」って思ってますぅ(*^-^*)

そうよね、『もっとあーして、こーしてっ(*/∇\*)イヤン 』っていうの大事よね(笑)
あ、それじゃなくって(* ̄m ̄) ププッ?
確かに恥ずかしがってるとなかなか言えない言葉も、
一度自分から素直に気持ちを吐き出せば、相手も言ってくれるよね(*^_^*)
ウチの場合はエーイチが超ストレートだから、私も自然と言っちゃいます。
凜さんも恥ずかしがらずにどんどん言ってみよう!

>今週 無事にライブ&デート出来ますように♪
>祈ってますね(^^)

ありがとう、凜さん♪
そう、なんとか『無事に』が今の私たちの目標なの!
例に漏れず、また今回も出張帰りのエーイチと空港で待ち合わせだから(^^;
宮崎新燃岳、再噴火しないでおくれよ~~~!
お願い!!!カミサマ! ( ̄人 ̄)
くるみ |  2011.02.24(木) 12:57 |  URL |  【コメント編集】

中距離恋愛してた彼人との、突然叶った逢瀬を思い出した記事でした。

エーイチさん、ご子息宅を飛び越えて、
くるみさんに逢いに来たんですね。

先週、亭主は東京出張で、
長男夫婦の新居に泊っています。

遠慮してた亭主に泊って行ったら?って息子夫婦に言われて
嬉しかったみたい。

それにしても、相変わらず可愛いくるみさんだこと♥
雅子 |  2011.03.01(火) 00:45 |  URL |  【コメント編集】

■雅子さん♪

こんばんは、雅子さん♪

>エーイチさん、ご子息宅を飛び越えて、
>くるみさんに逢いに来たんですね。

そうなんです(^^;
結構大変だったと思うんですよ、父親の苦しい言い訳が(笑)

>先週、亭主は東京出張で、
>長男夫婦の新居に泊っています。

>遠慮してた亭主に泊って行ったら?って息子夫婦に言われて
>嬉しかったみたい。

そうなんですね~(*^_^*)
それはそれは、ご主人もさぞかし嬉しかったことでしょう♪
で、その間に雅子さんも羽を存分に伸ばせたのでしょうか?(* ̄m ̄)

>それにしても、相変わらず可愛いくるみさんだこと♥

いやん(〃∇〃)
雅子さんにそんな風に言っていただけるなんて、恐縮です(笑)

コメントどうもありがとうございます、雅子さん♪
次回は懐かしい?福岡編ですからね~!
またぜひ遊びに来てくださいね♪
くるみ |  2011.03.01(火) 22:23 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://karubimama.blog115.fc2.com/tb.php/280-fb3eebc1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。